新卒採用情報はこちら 中途採用情報はこちら

フードサービス事業部のコンセプトであるHORECAは、Hotel / Restaurant / Cafe の略で、
Make your customer feel safe, accepted, respected and beautiful.という意味を込めています。
お客様への積極的なサービスを通じて、人生を幸せに輝かせる場、空間を提供していきます。

HOKKAIDO CUISINE KAMUY

HOKKAIDO CUISINE KAMUY

2021年10月1日開業のホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園」内にオープンした
北海道の全てを余すところなく体感できるレストランです。
大通公園に面したロケーションで、北海道の自然とフレンチの人の技との共演を是非お楽しみ下さい。

https://hc-kamuy.jp/

シェフ / 谷 章太郎

北海道、富良野でジンギスカン店を営む家に生まれ、幼少期より忙しい飲食店の中で育つ。地元の調理師学校を卒業後、フレンチを志し札幌の宮の森にあるグランメゾン『Le Musée』にて4年間修行。その後、札幌の鮨屋『鮨いその』にて魚の取り扱いを学び、姉妹店『〆のい』にて料理長を務めた後、令和5年4月に『HOKKAIDO CUISINE KAMUY』のシェフに就任する。
北海道に生まれ北海道をこよなく愛する料理人として、北海道食材に特化した料理をベースに大地の影響をダイレクトに味わえる野菜料理を得意とする。食材の個性やテロワールを最大限に生かした今までにないテイストを提供することに日々心血を注ぐ若きシェフである。

※料理写真:葡萄の葉で包んだ北海道産ラム肉のロースト ジンギスカンソース



Belgian Brasserie Court

Belgian Brasserie Court

ベルギーの設計事務所のもと、1920年代の正統派ビアカフェを再現したインテリアの中
様々な種類のあるベルギービールと本格的なベルギー料理のマリアージュを、現地そのままのスタイルで楽しめる
“リアル・ヨーロッパを体験する”をコンセプトとしたベルギービールカフェです。

www.belgianbrasseriecourt.jp



BARREL

ヨーロッパの文化そのものの体験をコンセプトに展開しているベルギービールレストラン。

ANTWERP CENTRAL

東京丸の内。連日盛況で様々なメディアからも注目されているBelgian Brasserie Courtです。

シェフ / 湯谷 泰三

東京の渋谷・銀座の名だたるグランメゾンにて修業をする。2008年にBelgian Brasserie Court ANTWERP PORTに入店。2013年、Belgian Brasserie Court ANTWERP SIXに移動し、2014年4月より同店料理長に就任。その後伊勢角屋麦酒の料理長に就任。農家育ちで土の香りのする力強い野菜を使った料理や、欧州の伝統料理シャルキュトリーを現代に広く伝えるべく日々研賢に励む魅惑の料理人です。

※料理写真:ムール貝の白ワイン蒸し

Gent

店名はベルギー第3の都市“ゲント”に由来。店内にロティサリーマシンを設置し、Belgian Brasserie Court初となる“ロティサリーチキン”を展開しています。

シェフ / 清野 聡

新潟県出身。都内のフレンチ、イタリアン中心に研磨を重ねる。2018年アントワープセントラル入店。副料理長を務めたのち、2023年より料理長に就任。常に食べるお客様のことを一番に考え、臨機応変に変更もし、料理を追求し続けています。素材に対して一番のおいしいタイミングでご提供することを心がけています。

※料理写真:鮮魚のロースト

Leuven

2014年7月、アトレ品川にオープン。ベルギービールのステラアルトワで有名な街“ルーヴェン”に由来しています。

シェフ / 田中 亨平

大阪のホテルでキャリアをスタート。奥深いフレンチの魅力に目覚め、フランス料理の修行を重ねる。2008年、Belgian Brasserie Court ANTWERP SIXに入店し、ベルギービールとベルギー料理・フレンチのマリアージュを追求する。Belgian Brasserie Court Liege Guilleminsのオープンとともに料理長に就任。常に料理の研究に力を注ぎ、一皿ごとに情熱を込め、仕上げていく。積極的に独自のアイデアを盛り込む、センスあふれるシェフです。

※料理写真:リエージュ風ワッフル

ANTWERP PORT

2017年9月に赤坂にオープン。世界の缶詰とベルギービールを味わえるBelgian Brasserie Courtです。

Restrante & CAFE

街づくり、幸せな空間・体験づくりなど
人々の「Living Well (より良く生きる)」のために
感動体験のできるブランドづくり、店舗展開をしています。

BUZZ
Cantinetta Buzz

イタリア語で“小さなワイン蔵”を意味するCantinetta(カンティネッタ)がコンセプト。
オフィス街の中にある、私たちの小さな隠れた空間で、いくつもの楽しみを提案していきます。

シェフ / カトワルマノズ

ネパール出身。小さいころから食べること、作ることに興味があり本格的に料理を学ぶために2014年に渡日、アクアプランネットに入社。お台場のイタリアンレストランでは3年間、色々な基礎を学び知識を身に付け2017年からは本社所在地の名を冠する三重テラスレストランに異動。2代目シェフとして5年間働き、2023年、Cantinetta Buzzの料理長に就任。素材の良さを最大限に活かすことを一番に考え、お客様のニーズに応えられる柔軟性のある料理をご提供しています。

※料理写真:松阪牛グリル

Dining cafe & Bar Buzz

コロンとした丸い照明がランダムに浮かぶ幻想的な空間。ウッド調のテーブルや海外のレストランを彷彿とさせるインテリアが心地よい時間を演出。

Bistro Buzz

世界のワインと旬の素材を鉄板で調理した ビストロ料理をプリフィクスコースで提供しています。

シェフ / 堀田 真也

1992年、東京四谷オテルドミクニ。1999年に渡仏し、南仏グラース・バスティードサンタントワーヌ二つ星、ブルターニュ・ラブルターニュ二つ星、パリ・ヴィオロンダングル一つ星。2002年に帰国、2005年、東京都立大学レストランシュエット開業、2013年より5年連続ミシュラン掲載。2020年、神奈川県藤沢市フランス料理名古屋総料理長就任、食べログ百名店に選ばれる。2023年、BistroBuzz料理長就任。

※料理写真:仔羊のマティニヨン ソース ジュダニョー

Mano-e-Mano
pizzeria & bar Mano-e-Mano

本格窯焼きピザをお楽しみいただける野菜イタリアン、マーノ エ マーノ。アマルフィのリゾートガーデンでの農園気分を野菜ドルチェとともにご堪能ください。

シェフ / 仁科 健介

大阪府出身。19歳の時に地元の小さなイタリア料理店にて調理の基礎知識、イタリア食文化を学ぶ。 府内のトラットリア、ピッツェリアを中心に経験を積み、旬の食材を取り入れたメニュー、ナポリピッツァの技術、原価管理を学ぶ。
2019年(株)アクアプランネットに入社し、pizzeria & bar Mano-e-Manoに配属。2022年同店で料理長に就任。

※料理写真:得意料理 ブラックアンガス牛赤身肉のグリルステーキ

pizzeria & Trattoria Mano-e-Mano

「農園のピッツェリア」がコンセプト。農園の納屋をイメージした木の温かみのある空間のなかで、窯焼きナポリスタイルのピッツァや農園風パスタが楽しめます。

TOKYO MERCATO
TOKYO MERCATO

ナポリスタイルの薪窯ピッツァ、イタリア最高峰豆「illy」使用のエスプレッソバー、グロッサリーの3通りのスタイルで展開。昼と夜で雰囲気の変化を楽しめるフードマーケット。

TOKYO MERCATO
サカエヒロバス

本格的なピザ窯で職人が焼き上げる南イタリア ナポリスタイルのピッツァが魅力。屋上にはアグリツーリズモから着想を得たイタリアンスタイルのBBQが楽しめる空間も。

CARVINO
ITALIAN BBQ CARVINO

東京ドームシティ内、緑に囲まれたミーツポートガーデン。都心であることを忘れる絶好のロケーションでイタリア式のバーベキューをお楽しみください。

ITALIAN BBQ CARVINO
ミッドランドスクエア

アグリツーリズモから着想を得たイタリア『トスカーナグリル』をコンセプトに、名古屋駅という都会のど真ん中で手ぶらで本格的なバーベキューをお楽しみいただけるBBQテラスです。
日本で一番高い場所にある天空のイタリアンBBQとして景色や夜景も楽しめるロケーションは最高です。

伊勢角屋麦酒
伊勢角屋麦酒

世界中のビールコンペティションで金賞の常連である伊勢角屋麦酒の樽生13種以上と、100年前から木樽で作り続けている伊勢角屋の味噌と醤油をつかった和食で三重県の食材をお楽しみいただけます。

伊勢角屋麦酒
エキュートエディション新橋店

JR新橋駅構内のエキュートエディション新橋にオープンした伊勢角屋ブランドの東京3号店。
クラフトビール10種と100年前から木樽で作り続けている角屋の味噌・醤油をつかった和食で三重の旬食材をお楽しみいただける「クラフトビール居酒屋」です。

洋食屋伊勢十
洋食屋 伊勢十 神保町店

伊勢神宮おはらい町に門を構える松阪牛専門焼肉店「伊勢十」が神保町に進出。
松阪牛を扱うプロが品質や独自の仕入ルートを駆使し「日常的に楽しんでいただく」がコンセプトの洋食屋。松阪牛専門焼肉店だからできる低価格での提供を実現し気軽に贅沢を満喫できるお店です。

料理長 / 佐藤 信治

新宿調理師専門学校卒業後、TOHOグループの飲食部に入社、洋食、エスニック料理の各店舗の料理長を経験する。2022年3月株式会社アクアプランネットに入社し、洋食屋伊勢十有楽町店を立ち上げ、後に洋食屋伊勢十神保町店の料理長に着任する。お客様が料理を召し上がったときに、笑顔が見られる料理を提供するよう心掛けます。

※料理写真:牛タンシチュー

洋食屋 伊勢十 丸の内店

東京丸の内にオープンした洋食屋伊勢十の2号店。
松阪牛を扱うプロが品質や独自の仕入ルートを駆使し「日常的に楽しんでいただく」がコンセプトの洋食屋。松阪牛専門焼肉店だからできる低価格での提供を実現し気軽に贅沢を満喫できるお店です。

料理長 / 小松 剛

服部栄養専門学校卒。とんかつまい泉 青山本店入社。退社後、とんかつかつ芳開業して13年間経営したのち自主廃業。13年間の経営手腕を評価され日本水産の直営店にホールマネージャーとして起用される。退社後、東宝グループの飲食部に幹部候補生として入社。東宝では料理長として勤めて東宝飲食部解散後、現在に至る。

※料理写真:松阪牛のおろしハンバーグ、和風ソース添え

洋食屋 伊勢十 青山店

洋食屋伊勢十の3号店が青山エリアにオープン。
松阪牛を扱うプロが品質や独自の仕入ルートを駆使し「日常的に楽しんでいただく」がコンセプトの洋食屋。松阪牛専門焼肉店だからできる低価格での提供を実現し気軽に贅沢を満喫できるお店です。

料理長 / 堂 啓太

パレスホテル立川で6年間料理の基礎を学ぶ。ホテルを退職後は街場へ下り洋食問わず創作居酒屋、仕出し弁当、お惣菜屋など色々な所で料理を学びました。その知識を活かしTOHOリテールに入社。都市型や商業施設を経験。その後2021年にアクアプランネットに入社。洋食屋伊勢十に配属、丸の内店の料理長に就任。お客様の日常に寄り添った料理を提供することを心掛けています。

※料理写真:伊勢のソウルフード鉄板ナポリタン

フランス食堂 CANCALE

フランスの港町『CANCALE』の名前を称し、フランスの郷土料理や家庭料理を中心に、ワインやビールとのマリアージュを楽しんでいただける、カジュアルなビストロです。

札幌 ROOFTOP JINGISUKAN

ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園のルーフトップにオープンした札幌の街とテレビ塔を見下ろす本場ジンギスカン&焚火バー。焚き火を囲みながらジンギスカンをご堪能ください。

GREEN PAPAYA

人気のパクチーなどのハーブ類、東南アジア独特のスパイスを使用した日本人の嗜好にあわせたアジアン料理をアジアンテイストの異国情緒あふれる店内で堪能できるお店です。

シェフ / 松本 敏行

埼玉県出身。兄の影響で中学校卒業後料理の道へ進む。都内の洋食、イタリアンレストランで3年間の下積み、基礎知識を学び、同じ系列店であるエスニック料理を経験し、その魅力にはまる。タイ、ベトナムの文化、食材、流行などを学び、エスニック料理店グループの総料理長に就任する。その後2021年12月に(株)アクアプランネットに入社。2022年4月にGREEN PAPAYAの料理長に就任。洋食との融合、辛さの中の美味さ、エスニックの魅力を伝えられる料理人。

※料理写真:鶏肉とカシューナッツ炒め

フードサービス事業部
人事統括

長沢 篤

フードサービス事業部ではお客様により良い幸せな時間を過ごして頂くためスタッフ全員がチームとなり切磋琢磨し成長しております。理念をどこまで具現化できるか毎日が挑戦です。

フードサービス事業部
次長

菊池 剛

食文化を通じてお客様の人生に彩りを添える。そんな素晴らしい仕事を通じて社会に貢献していく事をテーマにしています。
飲食業界においてより成果を生みだせる仕組みづくりを進め、スタッフの労働環境の改善に取り組み、業界全体の活性化を実現するヴィジョンで組織づくりに取り組んでいます。

フードサービス事業部
イタリアンユニット長

奥井 遼

アクアプランネット最大の武器は「人」です。常に協力体制のもと、事業展開が進んでいき自身もその輪に入りチャレンジの積み重ねが成功体験となり自信にも繋がっています。

Staff / スタッフ紹介